妊活・妊娠前に知っておきたい保険のこと



妊娠と医療保険



若い女性の場合は特に保険と妊活・妊娠との関係をよく知っておいてもらいたいと思います。勿論それは大きな理由があるからです。

ただ、まだ若い人だと「病気に対する備えとしての医療保険」については、何か縁は薄いと感じるかもしれません。「保険は必要」と勧められてもイメージもわかないかもしれません。

ところが結婚して妊娠することになると、これが一変します。保険についても急に気になってくるのです。ここが最大のポイントで、そうなってからでは保険に入るタイミングが良くないのです。

妊娠すると全く保険に全く入れないわけではありませんが、妊娠前より条件がいろいろつくようになり、かなり不利になるのです。そこで、妊娠する前に保険に入りましょう、とお勧めすることになるのです。

中でも特に医療保険については妊娠前加入が断然お勧めです。当然のことですが妊娠すれば、入院したり手術をする可能性がぐっと高くなります。他にも妊娠中毒症、つわり(妊娠悪阻)、切迫流産など、妊娠前とはまるで体の状態が変わってきます。出産が帝王切開になる場合もあります。妊娠後の女性にはこうした保険上のリスクが生じるわけです。

そこで備える意味で医療保険には、妊娠前に加入しておくのです。そうすれば多くの場合で、入院・手術の費用が支払われることになります。事前に保険に加入しておけば、それこそ安心して出産期を待つことができます。