妊活・妊娠前に知っておきたい保険のこと



保険の選択



前項で健康保険の活用についてもお話したわけですが、これと併せて事前の医療保険の加入がお勧めとなるわけです。何より、妊娠前に早めに医療保険に入っておくのが無難です。

妊娠中、人によっては長期入院(切迫流産、切迫早産など)をすることがあります。そうすると想定外の費用がかさんでしまいますが、保険で入院1日あたり5000円~1万円のお金が受け取れるなら相当な助けとなります。

子どもが生まれた後の保険も大事です。それは親の死亡という「万が一の不幸」の時の生命保険です。父が会社員、母が専業主婦、自宅は持ち家のケースで父親の保障金額は、基本的に子ども1人当たり3000万円程度が目安になっているようです。

父親が自営業の場合には4000万円程度が想定されます。持ち家ではなく賃貸住宅の場合も4000万円程度です。ただし共稼ぎの場合なら2000万円程度でも大丈夫かもしれません。

このように出産後は、いろいろ保険の契約内容を見直すことが多くなっていくものです。

さて、女性用の医療保険ということですが、やはりポイントは女性特有ケースということで、帝王切開、乳がんなどの保障に目がいくと思います。これを充実させている保険はもちろんお勧めです。

そうした際の入院給付金、手術給付金の保障額が充実していれば、気分もいくらか安らぎます。

一般的医療保険との比較ですが、一般が入院給付金日額1万円だとすると、女性特有疾患では入院給付金日額が2倍近くになることが多いのです。対象となる病気は、乳がん、子宮がん、卵巣がん、乳腺症、子宮筋腫、子宮内膜症などですが、出産関係(流産、妊娠・分娩、産じょくの合併症)も、もちろん含まれます。